« 指輪 7-7 | トップページ

2019年3月11日 (月)

指輪 8-1

それからは特に問題もなく、今までの日常に戻った。

下宿に帰り、大学へ通い、サークルやバイトで精力的に働く。

今までの幼馴染として一緒に過ごしてきた時間も、今共有している時間も、当たり前のように積み重ねて語る事ができる。

だが、一部分だけ、美希の記憶はオレとは被らない。

すぐに分かった事だが、本来の記憶が戻った代わりのように、記憶障害の時期の記憶がほぼ無いのだそうだ。

事故から新年度が始まるまで記憶がスキップしてしまっている事を、美希は申し訳なさそうにしているが、そこを咎める人は誰もいないし、オレも負担に思ってもらいたくはない。

ただ、変わるべくしてオレは変わった。

その事をどう捉えるかは美希次第ではあるが、でも。

子供の素直さでは快諾してもらえたし、夢の中の話には納得しているようだ。

どちらも現実の話として捉えるには無理があるが、左手の薬指にある指輪を見せてくれたあの日、美希は納得したあとに、ゆっくりと、笑ってこう付け加えた。

「よろこんで」

美希の言葉は相変わらず優しくて落ち着く。

でも少しだけ真剣で確定的。

どこまで本気かは分からない。

でも、もしかするとそう遠くない将来、本当におこる出来事かもしれないのだ。



前頁         指輪TOP


何やら掲載の間隔を間違えてしまったらしく、途中から間延びしてしまいましたが…長丁場、一応完結です。
これはもう、随分と昔に話の筋はできていて、というか、漫画として描きあがっていたものです。
ただ、そのまま(漫画のまま)upするには、色々なところに不都合がありまして、かといって修正するには絵柄の問題とかで不自然さが残る。
いっそのこと全部描き直しも考えたんですが、だったら家族になる前の話なので小説に起こしてしまおう、となりました。
個人的には思い入れのある作品です。
色々とプロットを練り直さなくてもすんなり、一つの塊として勝手に出来上がったというか、そんな感じ。
お気に召していただけたら嬉しいです。
長期間お付き合いくださり、ありがとうございました。

« 指輪 7-7 | トップページ

指輪(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪 8-1:

« 指輪 7-7 | トップページ