« 指輪 7-1 | トップページ | 指輪 7-3 »

2019年1月28日 (月)

指輪 7-2

あまりの剣幕に、オレもジョーンさんも目をしばたたすばかり。

You'll hurt yourself again No!」

また怪我するからダメ!と力の限り叫ぶ。

気をつけて運転するから大丈夫と言っても、納得しない。

バイクがないと困るんだ、とオレの方が「Please」とお願いしてみたが、やはり年期が違うのか、聞き入れてはもらえず、しまいには怒って自分の家に駆け込んでしまった。

入院中にバイクで事故った怪我だと言ったとは思うが、そこまで拒絶反応を出さなくても。

呆気に取られたオレに、ジョーンさんの方が、一晩寝れば落ち着くと思うから、とすまなさそうに笑って美希の後を追い、まあ、今日はこれ以上どうにもならないなと、オレもそのまま家に帰った。

と言っても、次の日に何か好転した訳でもない。

新歓コンパの上、朝早く家を出たので、美希と顔を会わす暇がなかったのだ。

初の後輩へのホスト役で飲ませたし飲まされたし、何故か挑んできた先輩を何人か返り討ちに潰した気もするが、その頃からは微妙に記憶がはっきりしない。

夜中に帰ってきてベッドに潜り込んだ後は、ただただ惰眠を貪っていた。



前頁         次頁

« 指輪 7-1 | トップページ | 指輪 7-3 »

指輪(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪 7-2:

« 指輪 7-1 | トップページ | 指輪 7-3 »