« ようこそ竹本家へ | トップページ | 指輪 7-2 »

2019年1月21日 (月)

指輪 7-1

それからほどなく、新年度が始まった。

美希は通える状態ではないが、オレまで大学を休む訳にはいかない。

履修科目を決め、サークルにも巡演では迷惑をかけた事を詫びに顔を出す。

そして本格的な講義が始まる前にどうしても準備しなくてはならない物、バイクを購入した。

事故を起こしたバイクは残念ながら全損だ。

車もあるが、小回りのきくバイクの方が便利なので、買わなくてはならないのは分かってはいたが、美希の事にかまけていて遅くなってしまった。

試運転をかねて、少し遠回りをして帰ってきた夕方、コンビニから帰ってきたであろう美希とジョーンさんに家のすぐそばで鉢合わせた。

片手を上げて挨拶するが、フルフェイスのヘルメットを被っているので、誰だか分からないらしい。

シールドを上げて目を見せたら、ジョーンさんは笑って返してくれたが、美希は表情を固くした。

Toruの?」

「そうだよ」

ヘルメットを取りながら答えたら美希が泣きそうな顔をして叫んだ。

No!」



前頁         次頁

« ようこそ竹本家へ | トップページ | 指輪 7-2 »

指輪(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪 7-1:

« ようこそ竹本家へ | トップページ | 指輪 7-2 »